KOTODAMA(言霊)セッション


KOTODAMA
『トーク』セッション


当SHOPでは、顕在意識から変化をもたらす為にも、語り合う「トークセッション」を、とても大切にしています。

トークセッションでは、クライアントの方の「KOTODAMA」のトークとエネルギー交換から、「魂やハート」に関する必要な情報が自然と解る感覚があります。

その感性を活かし、クライアントの方のスピリットの現課題から、また前世や過去からの気づいていない未浄化な問題点などもセッションで取り組んでいます。

例えば、顕在意識で悩んでいる事があるのにも関わらず、ご本人が気づいてない潜在意識に眠っている真の課題や問題が後回しになっている場合なども、お伝えする事もあります。その場合は、本人が意外に思われるようです。

しかし店主のそのアドバイスを、セッション後に実感されるようです。私としては、感じるままを正直にお伝えしているにすぎません。

これらの語り合いのトークセッションだけでも、眠っている感情が浮上し、自然と涙を流すクライアントの方も少なくありません。

ハートの目覚めや自分らしく歩む為にも、眠っている感じきれていない感情を感じ、意識浄化する事は必要不可欠です。



このように、クライアントの方から気付いない情報を感じ取るだけでなく、スピリットとハートの視点からの実践的なアドバイスも得意としています。

トークセッションは、店主が長い転生や今世の過酷な浄化の学びで培ってきたようで、気付けば私自身の特技になって身についていた事なのです。

つまり、トークセッション自体も顕在意識からの意識変化をもたらし、双方のKOTODAMA(言霊)を活用した波動調整となっており、ヒーリングにも繋がっています。

但し、あくまでもAinote healingはアシストにすぎず、セッション後に「どう行動に移し実践するかどうか」は、ご本人に委ねられます。

尚、店主は魂やハートの成長に関する必要な情報のみを感じ取り、それ以上の情報を感じ取る事などはありませのでご安心ください。

これらの店主の特技を活かして、トークセッションで独自にアシストしています。

▶『言霊』 メモ



「言霊」とは

「古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力。発した言葉どおりの結果を現す力があるとされた」

などと記載されているようです。

つまり「言霊」は、声に発した言葉には何らかの影響を与える神秘の力があるとして信じられてきた日本独自のものなのです。

古代日本人のスピリチュアル性の高さが伺えます。 この「KOTODAMA」には、「良くも・悪くも」様々な見えない個人の情報が集約されています。

つまり、あなたの話す言葉の意味だけではなく、あなたの気付いてない様々な情報までも、あなたの話す声に「情報」が乗っているのです。

言霊の重要性を、「チャクラ・音階・言霊」の関係で詳細に説明しています。

👆バーをクリックすると開閉します。


KOTODAMA
『ヒーリング』セッション




Ainote healingでは、「言霊=声の波動音」の微細な振動を用いて、クライアンの方に必要な波動調整のヒーリングも活用しています。

「KOTODAMA(言霊)ヒーリング」による波動調整では、潜在意識に埋もれている自分で気づいていない意識、例えば幼少期からのトラウマや、前世から眠っている感情のブロックなどにアプローチする事が可能です。

生の声を用いたヒーリングでは、ヒーリングを施す人の「KOTODAMA(言霊)のクリアな繊細さ」が要求され重要になります。

これまで店主は、ツインフレームの魂と姉妹と過酷なディセンション経験し、長い間浄化やカルマ清算に専念してきました。

更に日常生活においても、どんな些細な事にも「感情(想い)=思考=言動(言霊)=行動」を一致させる日々の実践にも努めてきました。

これは、肉体の人間として自分のスピリットに嘘偽りがない、自分に責任を持つ生き方でもあると捉えています。

つまり自分に裏表がなく、自分の魂と真のハートに素直に正直に、ありのままの自分で生きる実践です。

店主はハートの時代になり、これこそが「スピリチュアルに生きる基盤」そのものでもあると感じてます。

これから増々、真のハートで感じで生きる為に、「ハートのクリア(純粋)さ」「ハートの目覚めの度合い」は、必要不可欠になっています。

その為にも、潜在意識に眠っている感情やブロック意識の解除が不可欠であり、その解除に繊細でダイレクトなKOTODAMA(言霊)ヒーリングは、有効なアプローチのひとつとなり得ます。

但しトークセッションと同様に、ヒーリングも波動調整を行うアシストにすぎず、波動調整をどう活かすかは、ご本人に委ねられます。



店主は学びと浄化に専念し落ち着き始め2017年の夏に、ライトランゲージを勝手にペラペラと話している自分に気づきました。

気付けば「KOTODAMA」を用いて、「ライトランゲージ」のヒーリングが施せるまでになっていたのです。

それだけでなく、ツインフレームの姉妹と「独自のアースランゲージ・ヒーリング」を編み出し、相乗効果のヒーリングとして波動調整も行えるようになっていました。

その後、宇宙の後押しとサポートもあり、「ライトランゲージ&アースランゲージ」を用いた『Ainote healing』をスタートする事となりました。

新たな未来では、「波動調整」が様々な分野で活用され応用される時代になると感じてます。

当SHOPの独自の「KOTODAMA」ヒーリングの波動調整が、お役に立てれば幸いです。

オリジナル・セッション


Ainote healingでは、更なる「ヒーリングの特性」があります。

それは、店主がスピリチュアルの学びを深めてきただけでなく、3次元的な薬剤師として西洋医療と東洋医療の双方を学んできた事です。

特に漢方薬局の開局後は、漢方薬の提供だけでなく、時間をかけて患者の方の「魂と肉体」の両方に向き合い「スピリットヘルス&ボディヘルス」に努めてきました。

東洋医学(中医学)は、スピリット医療と言える「自然科学医療」であり「自然哲学医療」とも言えます。

これまでの双方の医療の実経験や得た知識などが、私の魂に情報として集約されており、その店主の培った情報までも、トークやヒーリングにも活かせる事に気づかされました。

つまり、宇宙の見えない様々な存在達が、私の浄化した肉体を媒体とするだけでなく、私の培った様々な情報エネルギーまでも活用して下さり、初めて実現できる共同作業のトーク&ヒーリングでもあると気付き、その後見えない存在からもメッセージがハートに送られてきました。

まさに、「スピリット」と「ボディ」の双方に反映しやすい、Ainoteの「オリジナル・セッション」と実感しています。

気付けばセッション自体が店主の特技となっており、自信を持ってオリジナルのセッションを提供できる事を大変有難く想います。




また、様々な見えない存在達や宇宙のサポートをとても有難く想い、また懐かしい嬉さもあります。

私がライトランゲージを話すようになり最初に繋がった存在が、癒しを得意とすることで知られている「アルクトゥルス」のグループでした。

その後ヒーリングでは、浄化や癒しを得意とするチームやボディ調整を得意とするチームなど、必要に応じて様々な幅広いソースと繋がっている実感があります。

このように、Ainote healingにおける「KOTODAMA」ヒーリングでは、「スピリット」と「ライトボディ(マカバ)」への波動調整が、独自性のセッションになる可能性を秘めているのです。

実は、人の為に「自分ができる事」をと想い、「スピリット・ヘルス」に努めながら「漢方薬局」を営み地道に歩んできました。

しかし実際は「漢方薬局」さえも学びの為の経験の通過点に過ぎず、Ainote healingや今後の活動の為の準備段階であったと事を痛感しています。

このように、これまで店主の魂が培った特性が、「ハートの時代の波に乗る」アシストとなれば心から嬉しく想います。

 



<備考>
薬剤師として漢方薬局も営んでおりますが、当セッションの内容やヒーリングなどは、医療や医療行為ではありません。

アースランゲージとは、ライトランゲージの一部になります。当SHOPで、地球上の荒く重い波動の「光の言語」を、アースランゲージとネーミングして用いています。

アースランゲージ・ヒーリングは、「ツインフレームの魂の姉妹(Maka)」もヒーリングルームで独自に活用しています。