Shop History

✦ SHOP & 店主 ✦
これまでの歩み

簡易的に箇条書きにて、SHOPがオープンするまでの流れを、店主の歩みと共に掲載しています。

 

1993年 薬剤師国家試験に合格し、薬剤師の免許証を修得する。

同年、大学卒業後そのまま当時の準教授の研究の補佐をし、更に学生の指導も行いながら働く。

1997年、薬剤師として働きたく調剤薬局に転職する。

1999年、病院勤務にて薬剤師の経験を積みたく、公務員試験を受け、翌年から市町村の病院で薬剤師として務め始める。

 病院で働くうちに、西洋の現代医療に疑問を持ち始める。


2000年頃、自分自身が体調を崩し、西洋医療でなく漢方薬と整体(カイロプラクティック)に助けられる。

 その時に、病気は「意識・メンタル」に深く関係しているい事を実感する。


2001年頃、未知なる漢方薬について修得するのは無理だと思っていたにも拘わらず、気付けば漢方薬の講習会に参加し学び始める。

2004年頃、実際に薬草取りをしながら植物の個性と触れて合い、自然の神秘あるパワーの中で独自に民間療法も学ぶ。

2005年頃、薬剤師としての新たな道を希望し、自分で漢方薬局を開局する為の準備に入る。翌年に、公務員を退職する。

2007年夏、漢方薬局を開局する。現在医療とは異なる、より自然な医療提供として「スピリット・ヘルス」に向け独自に歩み始める。

2008年に、併設する小さなお茶カフェもスタートし、漢方のブレンド茶の販売を始める。お茶カフェにて、前世からの関係もあり、心身ケア(スピリット・ヘルス)にも取り組み始める。

 



2007年~2016年頃まで、ツインフレーム(魂の姉妹)と不思議なディセンション経験をし、本格的に「意識・宇宙・ハート・感情」について過酷な学び経験し、自分の魂の「カルマ清算・浄化」に懸命に努めた。

 スピリチュアルの学びと共に、未知なる漢方薬の知識も自然と深まっていく。

 そして、当SHOPでセッションが行えるまでの自分を培えた経験となった事を実感する。

<この期間>
 *母校の学校薬剤師として、市の臨時職員として数年勤務経験をする。

 *急患センターで、市の臨時職員として数年勤務経験する。

2016~2017年に、「お茶カフェ」と「漢方のブレンド茶の販売」を休止する。

2017年夏に、ライトランゲージを話せる事に気づく。

2017年秋、宇宙の後押しを得て、ツインフレームの姉妹(Maka)とお互いの自立に向け、これまでの経験を活かしたセッションとヒーリーング活動を行う事となる。

2017年11月、「Ainote healing」における、モニターの方の募集をする。

2018年1月より、元お茶カフェのSHOPから「Ainote healing」を本格的にスタートする。
 
2018年春、お店に関するブログの更新も本格的にスタートさせる。


2018年12月、営業時間外の遠隔セッションの受付も始める。


2019年2月、ホームページをリニューアルする。

上記の間に得た認定書関係

手足のリフレクソロジーの認定書を修得する。 

薬膳インストラクターの認定書を修得する。
 

以上、現在に至る。


2019年2月 最終記述・追加